背中のコリの原因は運動不足?

肩こりいきなりですが、私はかなりの肩こり持ちです。肩というより、肩甲骨から背中が凝ります。
仕事は販売業で事務職よりは動きますが、汗をそんなにかくほどではありません。しかし、連勤が続いたり、常に集中をしているような状況ご続くと疲労がたまります。そんなとき、背中から肩甲骨にかけてこわ張り、気持ちが悪くなります。ひどい時は、横になって眠れないくらいです。

対応としては温める、押す刺激を与えるというようなものになります。無意識に背を反らせたり、椅子の角に押し付けたりします。お風呂に入ったり、カイロや温感ジェルで温めるのも効果的です。しかしこれらはそのときはきもちよいのですが、どうも一時的な対応のようです。

あるとき久しぶりにゴルフの打ちっ放しにいきました。最初の数発打つと背中にじんわりと血液が回っていくのがわかります。長いあいだ固まっていた背筋が捻られて、ほぐれていくのがわかりました。1時間もやっていると、背中が軽くなっていくのがわかります。その日からしばらく背中のコリは感じなくなりました。

ああ、そういうことかと合点がいきました。血流をよくする。それが大事とはききますが、温めたり、マッサージをしたりは一時的なんだと思いました。

血管は全身を巡っています。凝っているところだけ血流を良くしても、すぐに元に戻ってしまいます。根本的に改善するにはやはり運動が必要なんだとわかりました。それからフィットネスダンスやウォーキングを始めてみました。

有酸素運動が効果的のようです。少し汗ばむ程度、息が切れる程度の運動を30分から一時間行いました。毎日は無理ですが、週に二、三回程度。今日は疲れたなあと思っても、それが精神疲労であれば、気合を入れて行いました。ストレスの軽減も繋がり、かえって元気がでました。

適度に体を動かすと気持ちの良い充実感があります。それから、肩こりや背中のこわばりが目に見えて減りました。運動習慣はなかなか続けるのは難しいですが、一度継続すると体が続けたいと教えてくれます。同じような症状で悩んでいる人は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です