看護師の妹もびっくり!ボトックス注射で麻痺がよくなってきました

私は脳にダメージを受けて身体の左側に麻痺が残りました。
この身体になって10年になりますが、私の通院しているリハビリ病院の主治医がボトックス注射を打つ勉強をして下さって、私に「麻痺の腕に打ってみない。」と進めてきました。

私は迷ったので、即答はせずに、インターネットでボトックス注射について検索して調べた。そしたら、「主に美容に使われている薬」と出た。別の日に主治医と話が出来たので、こう言いました「インターネットで調べたんですけど私は、美容には興味がありません。オカマでもないです。(笑)」と言ったら、「ボトックス注射は筋肉の硬直を押さえるものですよ。一般的には美容の為に多く使われていますが、あなたみたいに麻痺で硬直している筋肉にも使うんですよ。」と教えてくれました。
先生の隣で看護師さんがクスクス笑っていて少し恥ずかしかったです。

追加でこのようにも言われました。「ボトックス注射を打ったからと言って麻痺が治って動き出すわけではないので、勘違いしないようにして下さいね。動きやすい状況(リハビリをしやすくするため)にするためのものです。なので、通院で行うリハビリの他に自分で行う自主的リハビリも重要になってきます。」と教えてくれました。

そう聞いた私は、麻痺している腕を動かすのは自分で動かすのは、変な癖が出そうなので、動かす事をする時にはリハビリの先生と一緒にして、自分で自主的にリハビリをする時には、ストレッチ(筋肉を伸ばす)事をメインにしていこうと考えました。

だいたい、3か月過ぎるとボトックス注射の薬の効果は消えると言われていましたが、私は自主的にストレッチをするリハビリをしていたので、その倍の6か月も筋肉が伸びたままになって、麻痺の左腕が今まではがっちり動かなかったのが、ダランと左腕が下へと伸びるようになりました。そのため、麻痺の左手が扱いやすくなり、今では物を握ったりすることにも挑戦できるようになりました。麻痺の手に買い物袋を持って買い物ができるようになりました。

左腕が今まで邪魔くさかったのが、ある程度、緊張が緩和されたため扱いやすくなりました。あとは、神経細胞が復活するようにリハビリの先生(作業療法士)と頑張るだけです。ここまで回復するとは看護師の妹も思っていなかったようで、びっくりしています。ボトックス注射を勧めてもらい、よかったです。

ちなみに妹ですが、結婚して秋田に住んでいますが、こちらのサイトを参考に復職したようです。とても参考になるサイトだそうですよ。
http://xn--gmq498agtkkvi0jc14fy42b.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です